【口臭対策】根本的な原因の治療が近道!歯医者は口臭対策のプロです

口臭予防宝典 - 口が臭い?気になる人の原因/予防/対策
トップへ戻る
  • 口臭予防宝典トップへ
  • 口臭の原因
  • 口臭対策
  • 口臭予防
  • 子供の口臭
  • 歯磨きと舌磨き
  • タバコと口臭の関係
  • 口臭と食べ物
  • 口臭と病気の関係
  • 唾液を増やす方法

ナタリーデンタルクリニックでは患者様の要望に答えるべく努力して治療にあたっております。そして歯磨きの指導を行い患者様の協力と共に成り立つ治療を目指しています。

口臭対策

口臭対策は「気にすべき口臭」と「気にしなくて良い口臭」を知ることから

口臭と言うものは果たして消すことはできるのでしょうか?結論から言えば、ある程度は予防・除去することができます。口の臭いを専門にする口臭外来というものも存在しますし、歯科医院でも官能検査などで口臭のチェックを行っています。「なぜ臭くなるのか」その原因を特定し、対処をすれば口臭は今よりも確実に抑えることができます。口臭対策について学んでいきましょう。

生理的口臭は気にし過ぎないことが大切

生理的口臭を完全にシャットアウトすることはできません。なぜならこれは誰にでも起こりうることであり、生命活動をするうえで仕方のないことだからです。よって、あまり気にし過ぎる必要はないと言えます。

「寝起きや空腹時は誰でも口が臭くなるもの」と理解し、「口を押さえる」「マウスウォッシュや口臭ガムを噛む」程度の対処をするだけで十分でしょう。逆に気にし過ぎると、緊張やストレスから口内の唾液が減り、余計に臭くなるということもあります。「人間なんだから仕方ない」と考え、過敏にならないよう注意しましょう。

口臭の原因の8割は病的口臭

周囲に不快な臭いとして認識されるものの8割は病的口臭が原因とされています。これは胃腸の不調や虫歯・歯周病などの病が元になる口臭です。生理的なものは一定のタイミングでのみ臭いますが、病的なものは一日中臭いという特徴があります。四六時中、周囲に異臭を放っているわけですから、「あの人って口が臭い」などと噂されることもあるかもしれません。

うがい薬やガムといった消臭アイテムを使えば、一時的に臭いを押さえることはできます。ですが根本の原因である病を治療したわけではないので、効果が消えればまた臭ってきます。病的口臭は案外やっかいなものなのです。

病的口臭を防ぐにはどうするべきか

病が元となっている口臭を防ぐには、ずばり治療をするより他ありません。胃腸の不調であれば胃薬を飲む、内科でお薬をもらうなどが必要です。また、何か重大な病気である可能性もあるので、時間があるなら病院で検査することをお勧めします。

デンタルヘルスが由来の場合ならば歯科医に足を運びましょう。病的口臭の場合、そのほとんどは歯に原因があります。虫歯や歯周病によって溜まってしまった膿みが異臭を放っている可能性が高いからです。口臭を断つのはもちろん、歯の健康を守るためにも歯科医でしっかりと治療をしておきましょう。

口内の健康を保つことが口臭対策となる

口臭対策を考える上で最も大切なことは口内の健康を保つことです。口臭の8割は病的なものであり、さらにそのほとんどは不健康な歯が原因となっています。「口が臭いな」と感じたら、まずは歯科医のもとを訪れてみましょう。口臭のチェックもできますし、臭いの元である虫歯や歯周病の治療もできます。口内の健康を常に高いレベルで保っておけば、口臭はまったく恐れる必要はありません。


Copyright (C) 2014 口臭予防宝典 All Rights Reserved.