【口臭と食べ物 】口が臭い原因が食事に!口臭を予防する食べ物で対策しましょう

口臭予防宝典 - 口が臭い?気になる人の原因/予防/対策
トップへ戻る
  • 口臭予防宝典トップへ
  • 口臭の原因
  • 口臭対策
  • 口臭予防
  • 子供の口臭
  • 歯磨きと舌磨き
  • タバコと口臭の関係
  • 口臭と食べ物
  • 口臭と病気の関係
  • 唾液を増やす方法

ナタリーデンタルクリニックは広島に1999年に開業してから地域に根づいた歯科診療を行い、困っている患者様のための努力を惜しまず最新のインプラント治療などを取り入れております。

口臭と食べ物

口臭に良い食べ物・悪い食べ物

食べ物の選択の仕方によって、口臭はコントロールすることができます。体の健康のために食べ物を選ぶという人は多いと思いますが、口臭という視点から食品を分けてみましたので「人と会う約束がある」という時など、ご参考にしてください。

口が臭い原因になる食べ物

「今日は人と会う約束があるからニンニクは控えよう」といったように、口臭と食べ物は密接な関係があります。臭いの強いものを口にすれば、誰でも臭くなるわけですからそれは当然のことと言えるでしょう。口臭が気になる方は、以下のようなものを口にする時は注意をしてください。

ニンニク

口臭の原因となる代表的な食べ物、ニンニク。この食品にはアリシンという成分が含まれていて、体内に取り込まれると臭いの元となる物質に代わります。体液を通じて皮膚や汗などとして臭ったり、口臭として出たりするようになります。また、食べた直後は胃に残っているので、その臭いが食道を通じてあがってくることもあります。

ニラやネギなどの臭いが強いもの

臭いが強い香味野菜は基本的にアリシンという物質が含まれています。ニンニク同様の理由で口臭の原因になることでしょう。

飲酒

アルコールは肝臓によってアセトアルデヒドという臭いの物質になります。またお酒には利尿作用があるため口内の唾液が減り乾燥しやすくなり、細菌が増えやすいという間接的な口臭の要因にもなります。

コーヒー

アルコールと同様に利尿作用があるため、唾液の量が減り口臭の原因になります。また、豆の粒子が舌に付着しやすいことから、それが臭いの元になることもあるようです。

ブロッコリーやキャベツ

健康のために野菜を採ることはとても良いことですが、食べすぎは口臭の元になることもあります。ブロッコリーなどに含まれるインドールは抗がん作用がありますが反面、臭いの原因にもなります。実は人の排泄物に含まれている成分でもあり、大量に食べた直後は口臭が多少強くなるのです。気になる場合は歯みがきやマウスウォッシュをしておきましょう。

口臭予防が期待できる食べ物

お口の臭いを強くする食品を知って「これでは人と会う時は何も食べられない」とお悩みの方もいらっしゃるかもしれません。しかし逆に、口臭を抑える効果が期待できる食べ物も存在します。いくつかまとめましたのでご覧ください。

サラダなどの生野菜

野菜には豊富な食物繊維が含まれていて、腸の調子を良くすることができます。健康的な排泄が行われれば、体臭や口臭は自然と減ってくるものです。また生の野菜は噛む回数も多いので唾液が出やすくなります。硬い野菜であれば歯垢を歯から剥がす役割も期待できます。お口の自浄作用を高めることで口臭が予防できるというわけです。

ヨーグルト

腸で働き便通を良くする、ほとんどの人は乳酸菌にそういったイメージをお持ちでしょう。実はこの菌は口内環境を整えるのにも有効です。乳酸菌には口腔内の雑菌の増殖を抑える働きがあり、口臭予防が期待できます。滑らかで広がりやすい半液状なので舌にも程よく付着し、舌苔の消臭にも良いと言えます。

フルーツ類

果物も種類によっては口臭予防に効果的です。たとえばパイナップルなどはその成分によって匂いの元である舌苔を除去することができます。リンゴは硬く噛みごたえがあるため唾液の分泌を促し、口臭を予防してくれます。ただ糖分がありますので食べた後は必ず歯みがきをするようにしましょう。

ガム

人は噛む回数が多いほど唾液がたくさん分泌されます。ガムは飲みこむことなくずっと噛んでいるものですから、口に入れている間は口が潤った状態になります。細菌の繁殖が抑えられるので口臭予防に効果があるといえるでしょう。キシリトールガムは甘くても虫歯菌が酸を生成しない非う触性の糖アルコールなので、直接的な虫歯の原因にもなりません。

口臭予防に良い食べ物の意外な盲点

人と会う時は臭いのきつい食べ物をなるべく避けるか、口臭予防の効果が期待できる食品を同時に摂取することがお勧めです。バランスよく適量を食べ、食後の歯磨きをしておけば大抵の場合は気になるほどの口臭になることはありません。

どうしても気になる場合は、殺菌効果の高い緑茶を飲むことをお勧めします。人と会ったとき「コーヒーとお茶どっちがいい」と聞かれたら迷わずお茶を選びましょう。カテキンが口内の雑菌を抑えてくれるので口臭が落ち着かせることができます。

ただ飲みすぎると逆に口臭が強くなることもあるようです。というのも、緑茶にはカフェインが含まれていてコーヒーほどではないにせよ利尿作用があります。臭いを気にして摂取しすぎると口内が乾燥し、逆に口臭を発生させることにもなりかねません。何事も適量であることが大切です。

お口のケアは食べ物の選択から始まります

人間の体は口から摂取するものでできています。つまり健康のためには体に良いものを適量摂取することが大切というわけです。それは口内環境においても同じことで、口臭を減らすためには食べ物を選択していく必要があります。「今日は人と会う用事があるから」という理由で何を食べるかを決めることもたまにはあっても良いのです。

お口のケアはそこに入れる食べ物から始まることを忘れずに、バランスの良い食生活を心がけていきましょう。


Copyright (C) 2014 口臭予防宝典 All Rights Reserved.